アドバイス

公認会計士に興味が尽きないという人へのご案内となる内容の記事

投稿日:

国家資格だけで千を越える試験がありますが、その中で司法試験、医師国家試験などと並んで最高に難易度が高いとされる資格に「公認会計士」の資格があります。

合格率は年度によって違いはありますが、10パーセント前後、低いときには5パーセント未満のこともある、独力では非常に合格が難しい試験です。

2006年以降、現行の試験制度になって、以前より難易度が下がったといわれ、最年少は16歳で試験に合格した人も出てきましたが、それでも日本の三大難関試験の座を譲る気配は見られません。

その公認会計士の仕事と資格取得に関するあれこれについて、細かく見てみましょう。

顎に手を当てて考え込む男性

そもそも公認会計士とは、どういう仕事なのでしょうか

財務諸表監査、通称「会計監査」を独占業務とする会計のプロフェッショナルの仕事です。企業が作成する財務諸表を第三者的な立場からチェックして、それが正しいかどうか意見を表明します。

結果として、その企業の社会的信用を作り出すことを担う仕事といえるでしょう。他に、税務やコンサルティング、経理などの仕事を行うことも多いですね。

また、登録すれば税理士や行政書士の独占業務も行うことができます。一般には税理士の上位資格として認識されることが多いですね。

資格を持っているとどんないいことがあるのでしょうか

まずは企業が存在する以上は必要な仕事であるため、ニーズが非常に大きいです。仕事としての安定性、将来性が抜群です。また、平均年収が1千万程度と、経済的にも非常に安定した仕事であるといえます。

ちなみにこの職は、勤続年数が増えると給料が高くなっていく傾向が強いため、早いうちから資格を取って仕事を始めると有利なようです。

-アドバイス

Copyright© 神奈川県横浜市で公認会計士資格取得 , 2018 All Rights Reserved.